エンドゲームに続くピース「キャプテン・マーベル」を観てきました【感想・レビュー】

キャプテンマーベル

サスペンスフルアクションと聞くと何事!?
という感じです。

関連記事 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。

- シネマトゥデイ -

本作はMCU(マーベルシネマティックユニバース)作品で
アベンジャーズより過去の話。
作品時系列的にはキャプテン・アメリカの次になります。

シリーズ随所に登場する組織S.H.I.E.L.D.
フューリーコールソン若かりし姿を撮影後CGで加工してるとかなんとか
またエージェントオブシールドや、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに登場するクリー人がキーとなっている作品です。

 監督はアンナ・ボーデン&ライアン・フレック

キャプテンマーベル/ヴァース/キャロル・ダンヴァースをブリー・ラーソン
記憶と引き換えに得た強大な力と不屈の心を持つヒーロー
彼女にしか使えないフォトンブラストという技を持つが本当の自分を知らず精神的に未熟なため完璧にコントロールできずにいる。
ルーム/ROOMで監禁されそこで子どもを設けた母を演じました。

 ニック・フューリーにサミュエル・L・ジャクソン
のちにアベンジャーズ計画を発足するS.H.I.E.L.D.のエージェントで元軍人
この段階では眼帯をつけていない。

ヨン・ロッグにジュード・ロウ
ヴァースが身を寄せたクリー帝国の精鋭部隊の指揮官。
記憶のフラッシュバックや悪夢に悩まされる彼女が心の内を明かせる人物

フィル・コールソンにクラーク・グレッグ
フューリーを支えるS.H.I.E.L.D.のエージェント。
キャプテン・アメリカの大ファン*1

タロスにベン・メンデルスゾーン
クリー帝国と対立するスクラル人のボス。
スクラル人は見た人の姿に変身出来る能力を持つ。

ロナンにリー・ペイス
クリー帝国の法を執行する最高告発者。
ガーディアン・オブ・ギャラクシーではスター・ロードたちと対立する。

 

グースに猫
というか猫なのでキャストでもないんですけど重要キャラなので。
ヴァースとフューリーが記憶を巡る過程でついてきた猫

他にスターフォースのメンバーがたくさんいるんですけど端折ります。

 

 

 

 

 

キャラクター紹介でさえあまり明かせない感じですね。
ヨン・ロッグは本来スターフォースの指揮官としか書いてなかったところ、原作読んでる人は名前だけで何かしら気づいてしまう人物なんでしょう。つまり重要人物。
あとはグースがかなり気になるところです。
フューリーはかなり活躍するっぽいけど、コールソンやロナンがどれだけ活躍するかが楽しみですね。
ということで感想にいってみましょう。

 

 

 

 

 

 

さいっこう!!ジャンルの名に恥じない愛溢れる作品

ごめん、本編始まる前に泣いた。
MARVEL STUDIOのロゴ出るとこあるじゃないですか。
あの、マーベルヒーローがでてくるところ。
あそこが、あれ?様子がおかしいぞ?

 

ぜ、全部スタン・リーなんだが?

 

ロゴが現れたあたりで、
スタン・リーありがとう、ご冥福をお祈りします。
本当にありが...グスッ...!!

いや、マジで目頭熱かったし、視界はボヤけてた。
本当に愛に溢れた作品だよ(まだ本編始まってない)

冒頭からヴァースの夢の中です。
青い血を流している自身と年配の女性、そして迎え撃つ相手
青い血というのはクリー人の特徴ですね。
過去作品でもクリー人は敵対勢力で登場しています。
だからこそ今回ヴァースがいるのがクリー帝国なのが気になる。
ちなみに迎え撃つ相手は顔がボヤけていてはっきりしません。

 

でもぼくはここで確信しました

 

夢から覚めて相談出来る相手、ヨン・ロッグの元へ向かいます。
そこから組手に。
ヨンはヴァースに過去に縛られるな、感情をコントロールしろと諭しながら相手をしますが、対等に戦っていたところをヴァースが力を使って吹っ飛ばす。
クリー帝国はスプリーム・インテリジェンスというクリー人が作りだした超高性能AIで統治された国で対話するにはそれで繋がり、繋がった人間が最も尊敬する人物を模して話すことになる。スクラル帝国と戦争状態にあるこの国は戦士こそがヒーローという状態が根付いています。
そしてついに実践に投入されるヴァースはスターフォースのメンバーとしてタロスらスクラルに潜入したスパイを救出しに行きます。その過程で彼女は一人地球に落ちることになるのですが、そこでS.H.I.E.L.D.フューリーと出会うことになります。

コールソンなんですけど、この時まだ新人なんですね。
ちなみに時代は多分1995年くらいと思われます。
(概算していたけどあとからあらすじに書いてあったことに気づく)

これ以降は結構なネタバレになるので伏せるし
見所はこのあと書くけど、よくあるコンビ刑事ものが展開します。

本当にサスペンスフルアクションだった。

このジャンル名なんなの?

と思ったらまさにその通りだった。
フルアクションはヒーロー映画なのでその通りなんですえど。
本作はヴァースの記憶を巡る物語。
まだ宇宙人など信じていなかったフューリーが地球に落ちてきたヴァースと出会い、スクラル人の攻撃を受けて共に脅威を防ぐべくヴァースの狙われた記憶を探っていく
それだけでなく、スクラル人の変身能力を警戒して動いているので信じられる人間が限られています。同僚ですら会話の一つ一つを疑ってかからないといけないという要素からありがちな凸凹コンビの刑事物を連想させます。
見ている側も色々推理しながら見るという楽しみ方が出来ていいですね。
そして真相が分かったあとはキャプテンマーベル覚醒からのフルアクションですよ。
あと、ぼくはキャプテン・アメリカやアイアンマンに次いで好きなキャラクターになりましたよ、キャプテンマーベルは。
なんていうかキャップ寄りの精神を持ったキャラクターでどんな状況でもその不屈な精神を立ち上がる姿はすごく好感を持てます。アクションは超パワーで無双するので次元の違う動きだなぁ...一つ一つ丁寧なアクションをするキャップのが好きではあるが。

とにかく散りばめた謎が終盤に矢継ぎ早に判明していくこと
伏線とも思わない発言を振り返ることで
「だからああいう発言したのか!」
と思わせるような部分もあり仕上がりとは最高だった。
従来のファンはS.H.I.E.L.D.はポケベルで通信しているところを見ると
もしかしてそれが...!とか思うわけで。
もちろんオマケ程度にファンを喜ばす内容になっているので
この作品からマーベル初めてという人も気にせず見ることが出来る。
というか、単独作品の1作目は大抵初めての人でもすんなり入れると思うんだよね。

また常にシリアスということもなく、
マーベル作品お得意のコミカルなやりとりが楽しめる。
特にキャプテンマーベルとフューリーのやりとりは良い
あとフューリーが近年の眉間にシワがよったような皮肉屋でなく、随分と愛嬌のあるキャラクターなのも新鮮、予告のグースに猫なで声なの見たでしょ?

今後の繋がり

インフィニティウォーフューリーが助けを求めたのは
キャプテンマーベルだということが判明しました。
それが本作においてエンドゲームに続くことで彼女は参戦することも
それだけじゃなくて、サノスとの戦い本作はかなり重要な役割があるように思えます。というのはクリー帝国とスクラル帝国の二大強国の戦争です。
ロナンコラスクリー人ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーで登場しますが、あの時点でクリー帝国では裏切り者扱いとなっており、クリー帝国の全貌は分かりませんでした。
また、エージェント・オブ・シールドに登場するインヒューマンズはクリー帝国が地球を侵略する為に作ったインテリジェンで変異した地球人だったりするわけで。
そこで登場したのがスプリーム・インテリジェンス
絶対こいつ絡んでくるだろ?
とあまり根拠がないけど考察してみる。

それだけエンドゲームが待ちきれない
だってさ最後であんなの出されたら思うじゃん!

 

あと余談なんですが、
ぼくが観にいく時、多分いつも同じ欧米系外国人の集団に遭遇するのですが
彼らの純粋に映画を楽しむ様は気持ちいいですね。
笑いどころを外さずに笑うし、笑い方に不快感がない、ホント微笑ましい。

 

 

*1:アベンジャーズより